東北のイチジク(無花果)

この秋 初めて東北の小さい加工用のイチジクを買ってみました。

今まで 秋になるとあちこちの道の駅などで 大量のイチジクが売られてましたが 「加工用」とか「ジャム用」と書いてあって 青くて小さいので買ったことがなかったのです。
この週末も 森の駅で福島産、山形産、宮城産のイチジクが売られていました。「加工用ですか?」と聞いたら 「熟れたら生食でいけますよ」というので はじめて買ってみました。
その翌日 比較的熟れたのを2個食べてみました。たしかにイチジクだけど、小さくて食べごたえがない、、、というので ジャムにしようかと思っています。

今日 スーパーに行ったら 大きなイチジクが並んでました。
関西育ちのママにお馴染みの大きさです。
家にはあの小さなのが山盛りだけど ためしに比較するのに買ってみました。(イチジクは近所の家からもらうものであって 買うものではなかったので 国内では初めて買ったかも。)
この大きいのは 新潟産「越の雫」というもの。品種を調べてみたら 西日本で主流の「桝井ドーフィン」でした。この品種は 関東以西で生育可能とか。要するに 耐寒性がない。
北限のイチジクは 秋田県にかほ市の「ホワイトゼノア」。ママが買ってきた東北のも 白い?青い?この品種ですね。

無花果という漢字をみて 花無し?と調べてみたら 単為結果だそうで、実の中のブツブツが花だそうです。え~っ!

f0075595_202129.jpg
左 山形のイチジク、右 新潟のイチジク
by sakura-corgi | 2013-10-06 20:02 | ママの独り言 | Comments(0)