人気ブログランキング |

SAKURA一家の成長日記


by sakura-corgi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

残念!相馬野馬追に遅れた!


ママは馬が走る姿が大好きです。

子供の頃、競馬中継をよく観てたな~。(もちろん馬券は買っていませんが)

福島・「相馬野馬追(そうまのまおい)」がこの時期あることは知っていたのですが、なかなか行く機会がありませんでした。

今年は行こうかと。前日にネットでは観覧席券は完売ということで、見れるかな~? SAKURA連れ大丈夫かな~と云々言ってるうちに決断できず。

日曜日の朝、早く目が覚めたのですが、もう一寝入り、、、としたところが、寝過ごした! ちょっとでも見てみようとお出かけしました。仙台からだと仙台東部道路から常磐自動車道を走って南相馬ICまで1時間15分だそうです。自宅からだと1時間半強かな? 福島県にしては案外近いです。相馬は県の北端の浜側にあります。

順調に走って、南相馬S.A.でトイレ休憩。すぐ行くはずが、出来たばかりの綺麗なS.A.で、おもわずウロウロと物色してしまいました。行から新鮮野菜をごっそり買ってしまったり、ここ20年前からの名物という「凍天(しみてん)」を食べてみたり。SAKURAの散歩も。この凍天、草餅を干した凍み餅が、甘いドーナッツ生地に入って揚げてあります。ふんふんというお味。おやつですね。

無料駐車場になっている原町第一中学校に車を停めたら、ぞろぞろと人が戻ってきました。警備の人に「もう終わりかしら?」って聞いたら、「今日は雨が降ったので遅れているから、まだ間に合いますよ」という返事に、レッツゴー!

ところが、お馬さんも戻ってきていました。早速カメラを向けました。なんだか戦国時代を思わせる出で立ちです。


f0075595_00342531.jpg
お~

f0075595_00351009.jpg
やってきた

f0075595_00360660.jpg
勇ましい

f0075595_00365704.jpg

f0075595_00374722.jpg
帰って行く

f0075595_00383772.jpg

f0075595_00392299.jpg
車に乗って帰る騎馬も

SAKURA連れなので、クンクンしながらやっと会場へ。SAKURAはもうくたくたの様子です。でも人が大勢戻ってきています。今から行く人はSAKURA家だけ。何度も「のろし」が上がっていました。

最後の角で警備の人に「もう終わりましたか?」と聞くと、まだ「神旗があがっています」とのことで、急げ急げ!

「雲雀ヶ原祭場地」にたどり着いたら、騎馬がひょこひょこ引き上げるところ。神旗争奪戦が終わった直後のようです。あ~あ~と思いながらも、引き上げる騎馬武者をカメラに収めました。ポスターにあるような走っているところを見たかったなあ。

また来年があるさと、来年は観覧席をゲットするよっ!


f0075595_00402150.jpg
やっと祭場地についた

f0075595_00412845.jpg

f0075595_00421291.jpg
この武者は高校生くらいだね

f0075595_00431124.jpg

f0075595_00441140.jpg

f0075595_00445774.jpg

f0075595_00464794.jpg

f0075595_00473392.jpg
白馬がきれいだ

f0075595_00481641.jpg

f0075595_00490194.jpg

f0075595_00494837.jpg

f0075595_00503306.jpg

f0075595_00511831.jpg

f0075595_00520306.jpg
おお!女の子も乗っている

f0075595_00525853.jpg

f0075595_00534861.jpg

f0075595_00543468.jpg

f0075595_00551937.jpg
ポスター こういうところを見るはずだった

f0075595_00561945.jpg
帰って行く

f0075595_00570325.jpg
SAKURAと比べたら

f0075595_00575871.jpg
ローソン前で休憩中の騎馬

f0075595_00585904.jpg
中心街の通りの街灯にも馬

f0075595_01003968.jpg

f0075595_01030805.jpg
帰り道 ずっと離れたところで休憩中の騎馬発見!


なんと、土、日、月曜日の3日間で、来場者数19万人だっとそうです。あの小さな町で。ひえ~! 

豆知識です。

『野馬追の由来』

相馬家の祖といわれている「平小次郎将門」は一千有余年の昔、新しい軍事力として馬の活用を考え,下総国葛飾郡小金ヶ原(現在の千葉県北西部)の牧に野生の馬を放牧し、関八州(北関東八ヶ国)の兵を集め、野馬を敵兵に見立て野馬を追い、馬を捕らえる軍事訓練として、また、捕らえられた馬を神前に奉じ妙見の祭礼として行ったのに始まったと言われている。

その後、元享3年(1323)、相馬氏は奥州、行方郡(現在の南相馬市)に移り住んでからも、代々の相馬領主が、明治維新までこの行事を連綿と続けた。

相馬家は鎌倉時代より幕末までお国替えのなかった希少な藩であり、現在でも総大将は相馬家の子孫が努めている。

福島県南相馬市を中心に相馬、双葉郡に至る、旧相馬中村藩領(二市四町一村)挙げて開催されている国の重要無形民俗文化財である。

毎年、7月下旬の3日間、500余騎の甲冑騎馬武者が出場し勇壮華麗にして豪華絢爛に繰り広げられる戦国絵巻。「世界一の馬の祭典」ともいわれている。(パンフレットより)

今回ママが見逃した「神旗争奪戦」は、

午後一時、山頂の本陣から戦闘開始の陣螺が鳴り渡ると、満を持していた騎馬武者たちが、夏草茂る雲雀ヶ原一面に広がる。天中高く打ち上げられた花火が炸裂し、二本のご神旗がゆっくり舞下りてくると、数百騎の騎馬武者がこの旗を目指しどっと駆け出し、御神旗の下に群がり鞭を振りかざし勇猛果敢に奪い合う。雲雀ヶ原祭場地は、戦場と化し祭りは最高潮に達する。(パンフレットより)

というわけで、これを見逃した。残念!



〈おまけ〉


帰りにまた、南相馬S.A.で休憩。アイスだ!


f0075595_01041979.jpg
今、福島で旬の白桃ジェラートと白桃ジュース

f0075595_01053840.jpg
ダイエット中じゃ?

f0075595_01062814.jpg
これは?

f0075595_01065904.jpg
名物の「アイスまんじゅう」だって。アイスの中に煉り餡が入っていて、最後食べるのが難しい~ 最後落っこちそうになるよ~



by sakura-corgi | 2016-07-27 01:08 | SAKURA | Comments(0)