ママの鶴岡の旅日記 3


長期のママの留守で心配していたSAKURAの様子は、パパと元気に朝晩お散歩して、パクパクご飯を食べているようです。

ママは1日帰宅しましたが、SAKURAは安心しきってか、お昼間はグースカ。ブラッシングも大人しくさせてくれました。



ママの鶴岡の旅日記です。

暇を見つけては、名所を見ています。


まずは、羽黒にある「國見山 玉川寺(ぎょくせんじ)」。朝一番に行きました。花の寺で、庭園が有名です。花はあいにく季節外れでしたが、静かな庭園を少し歩きました。

出羽三山の麓にある玉川寺は、およそ700有余年前の鎌倉時代(1251)に曹洞宗の開祖道元禅師の高弟だった了然法明禅師によって開山されたと伝えています。
玉川寺庭園は、室町時代(1450年代)に作庭が始まり、江戸時代(1640年代)に羽黒山中輿の祖といわれる天宥別当により改修されました。様式は池泉回遊式蓬莱庭園。(パンフレットより)


f0075595_00395455.jpg
玉川寺


f0075595_00393529.jpg
山門


f0075595_00392250.jpg

f0075595_00384139.jpg
廊下に


f0075595_00385675.jpg
猫が



f0075595_00381715.jpg

f0075595_00380114.jpg
庭園をお散歩


f0075595_00374855.jpg

f0075595_00372330.jpg
本堂



f0075595_00370739.jpg
旧開山堂


f0075595_00365631.jpg

f0075595_00364201.jpg
書院



f0075595_00353579.jpg


f0075595_00355845.jpg


f0075595_00352509.jpg
書院



f0075595_00344558.jpg

f0075595_00342497.jpg




また暇を見つけて、旧風間家住宅 丙申堂(へいしんどう)へ。国指定重要文化財。

明治29年丙申の年に、風間家7代当主が住居及び営業の拠点として建築したものです。


f0075595_00333270.jpg
石置屋根


f0075595_00334235.jpg
トラス状梁(明治27年の酒田地震を教訓にして建てられたと伝えられている)


f0075595_00335469.jpg


隣の、無量光苑釈迦堂へ。 明治43年に風間家別邸として建築されました。

f0075595_00313457.jpg


f0075595_00320403.jpg
ツツジの季節がきれいらしい


f0075595_00321462.jpg
この日はここまで。


f0075595_00325912.jpg



by sakura-corgi | 2018-09-23 01:14 | ママの独り言 | Comments(0)