人気ブログランキング |

SAKURA一家の成長日記


by sakura-corgi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2008年 09月 17日 ( 2 )


早朝目が覚めたママは朝風呂に入りました。やっぱり温泉に来たら朝風呂よね。こういう時は朝早く目が覚めるのです。
朝食前にお散歩しました。湯田川は小さな集落なので道を行って戻って 最後に公園で滑り台に登ってツルーって滑りました。SAKURA久しぶりの滑り台でした。
朝ごはんは いろんなものがちょっとずつだったので嬉しかった。これ以上食べられません。朝は白米がちょっと残っただけ。メニューはまさに「正しい朝ごはん」でした。
f0075595_23313575.jpg
朝のお散歩でヤッホー

f0075595_23324692.jpg
正しい朝ごはん

f0075595_23332181.jpg
私にもー

宿の看板猫チャッピーに玄関で見送られました。
鶴岡を後にして最上川川下りに行くことにしました。ワンコはケージに入れればOKということ。ケージで舟、、、。SAKURAが船酔いでゲロゲロにならないかちょっと心配でした。
乗船所の戸沢藩舟番所に到着。臨時便に乗ることに。昨夜から沢山食べ過ぎてママが船酔いしそうな気分、、、というか お腹の具合でした。
SAKURAをケージに入れて乗船。場所を決めてたらなんと2人の船頭さんのうち舵取りの船頭さんが大の犬嫌いだとか。マジ顔で「絶対に舟で走らせないでください!!」って。舵取りの人だから 人命がかかっているから離しませんよ。
ママはケージにぴったりくっついていましたが SAKURAは「出せ出せ」と言い出した。仕方ないのでケージのドアだけ開けておきました。それで納得したようです。
舟はなだらかな流れの中をゆっくり1時間かけて下って行きました。最上川は表面はなだらかですが水中はかなり流れが激しいらしい。鮎釣りの人が出ていました。白鷺やカワセミが岩の上で休んでいました。
1時間の間 船頭さんのガイド付きでした。庄内弁か戸沢弁だとか。これがなかなか面白い。結構のんびりなギャグを連発していました。花笠音頭と最上川舟唄を披露。美声ではないものの唄を聴きながらの船旅は食べすぎのママも船酔いしませんでした。SAKURAもね。
途中 川のコンビニ?に舟を止めて休憩。周りの人は焼き鮎を食べたりお弁当を広げたりしていましたが まだお腹いっぱいのママはアイスクリームをつまみ食いでお腹いっぱい。
最後に船頭さんは最上川舟唄の英語バージョンを披露してくれました。「最上リバーソング」らしいのですが ママには「デバーソング」に聞こえました。なんせ庄内方言の英語です。
これが笑えた! パパママに大うけでした。他の人は苦笑くらい?
(帰ってきてから検索してたら「最上川の船頭さんのブログ」というのを見つけて見てみました。この舟唄の英語バージョンのことが話題になっていて、外国人のお客さんの時に披露しようとしたら通訳さんに断られたとか。この英語バージョン 案外日本人の方がうけるのかも。一度は聞いてみる価値あり! 面白い。)
舟を降りると庄内弁の看板がありました。なんとも日本語訳が必要です。(笑)
乗船所に戻る路線バスに乗ろうとしたらSAKURAはアウト! 底の荷物室だというのでママはSAKURAとバスを降りました。パパが一人で車を取りに行くことになりました。それを見た他のお客さんも「車を取りに行くのは一人でいいんだ」ということに気がついて降りていたそうです。バスの営業妨害してしまったかな。一人400円だから仕方ない?
f0075595_23341085.jpg
川下りの舟に乗った

f0075595_23345533.jpg
余裕がでてきた?

f0075595_23353135.jpg
途中 コンビニ?休憩中

f0075595_23361225.jpg
舟からの景色

f0075595_23364184.jpg
天井開けた

f0075595_23371835.jpg
下船したら庄内弁の看板

時間が余ったので出羽三山の羽黒山に立ち寄ることにしました。
途中の山中の合間に黄金色に実った稲、これは庄内米となるのでしょう。となりには白い花の畑。蕎麦の花のシーズンだったのです。山形は蕎麦の産地です。稲の黄金色と蕎麦の白い花のコントラストがなんとも美しかった。思わず車を止めました。
f0075595_23381267.jpg
白い蕎麦の花と黄金色に実った稲

f0075595_23385766.jpg
蕎麦の花

f0075595_23393160.jpg


出羽三山は羽黒山、夏スキーで有名な月山、湯殿山の総称。このひとつ羽黒山は山伏の修験の山だそうですが 山伏らしい人は残念ながら見かけませんでした。山頂近くの出羽三山神社をお参りしてきました。神社の祭殿も杉並木も何もかも大きかった。ここ1箇所で羽黒神社と月山神社、湯殿山神社に参ったことになります。
f0075595_2340622.jpg
羽黒山 出羽三山神社

f0075595_23405374.jpg
お参りしてきた

鶴岡とその界隈を楽しんで帰路につきました。最上川のオプション付きでした~。

ママは車の中で爆睡でした。SAKURAもママの膝の上でスースー寝息を立てていたとか。
 
おわり
by sakura-corgi | 2008-09-17 23:59 | SAKURA | Comments(0)

連休の後半は山形、日本海側に出かけました。小さいけれど城下町でもある鶴岡に行ってみたかったのです。
連休にもかかわらず高速道路は空き空き。2時間弱で到着しました。下調べをしていなかったのでインターチェンジすぐの特産品市場でパンフレットをゲット。「最上川川下り」の割引券をもらってママのアンテナがピピッて立った。

とりあえず町の中心の鶴岡公園に向かいました。鶴が丘城址が公園になっていました。駐車場を探してたら慶応義塾大学の先端生命科学研究所の敷地に隣接していた。びっくりするくらいモダンな造りでした。建物はガラス張りで回りは池になっている。こんなところだったら毎日気持ちいいだろうなぁ。ピカピカでした。
f0075595_0175159.jpg
慶應義塾大学先端生命科学研究所のモニュメント 「空にかける階段」

f0075595_0191945.jpg
研究所正面

f0075595_0195139.jpg
研究所 きれいだなあ

道路を渡って「致道博物館」に行ってみました。SAKURAの大きさだったら入場OK。しかも「建物内は抱っこで入ってください」と寛大でした。畳のある建物はさすがに控えましたが。
敷地内には旧役所、旧警察署庁舎、民家、旧庄内藩主御隠殿などが点在。高校生らしい姉妹と何度も一緒になって その反応が面白かった。同年代の女性の当時の生活を垣間見る展示にショックだったようだ。「うそー、いやだー!」って。庄内地方はドラマ「おしん」でも有名ですからね。
f0075595_0203372.jpg
致道博物館の旧西田川郡役所

f0075595_0214674.jpg
田麦俣の民家

f0075595_0222954.jpg
民家の土間で待つSAKURA

さらに歩いて「大寶館」で地元の有名人の展示をパパが見ていた。藤沢周平はここの出身らしく 隣に資料館が建設中。
f0075595_0231565.jpg
大寶館

車に戻ろうとしたらまたモダンな建物発見。鶴岡アートフォーラム。これも慶応大学研究所のようなガラス張りと池。中には階段の舞台が。アトリエでは手捻りで陶芸をやっていました。書道展もやっていました。市民に開放されているらしい。あまりのきれいさにびっくりしました。
f0075595_024952.jpg
鶴岡アートフォーラム

f0075595_0245979.jpg
f0075595_0252573.jpg
アートフォーラムの中の階段舞台から外を見ると

徒歩でたんまり観光してから 宿泊先の湯田川温泉に向かいました。鶴岡で唯一中型犬もOKの温泉宿です。温泉につかってからの夕食が美味でした。ここは山あり海あり、食材が豊富で新鮮です。特にハタハタの田楽が気に入った。季節のだだちゃ豆のご飯も。
食事中TVで「長寿のためには腹7分目がいい」という番組を見ながら いつもの2倍くらい食べたのでした。平らげたー。
SAKURAはパパの座椅子にリードでくくられて、、、、。低いテーブルだからね。しかし
SAKURAもいっぱい美味しいものを口に入れてもらいました。
f0075595_0264562.jpg
夕食 「ちょうだいよ~」

f0075595_027382.jpg
これにまた作りたてが追加されて ビッグ献立

f0075595_0291316.jpg
ハタハタの田楽が美味!

f0075595_030727.jpg
パパ 至福の時

夜の散歩もしましたよ。浴衣と下駄で。
by sakura-corgi | 2008-09-17 00:34 | SAKURA | Comments(0)