人気ブログランキング |

SAKURA一家の成長日記


by sakura-corgi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

2019年 02月 26日 ( 2 )


さて出発。水かけから。

f0075595_13131581.jpg
水かけ準備

f0075595_13132628.jpg
出てきた! 藁ボッチ(2束の藁穂先を束ねたもの)を被り、腰に七五三の垂れを下げた注連縄をつけてると


f0075595_13133944.jpg

f0075595_13135424.jpg


f0075595_13172522.jpg

f0075595_13173686.jpg

f0075595_13174742.jpg

f0075595_13175761.jpg

f0075595_13190769.jpg

f0075595_13192011.jpg

f0075595_13193065.jpg
きゃー

f0075595_13194105.jpg
顔に墨塗られる~

f0075595_13210569.jpg

f0075595_13211629.jpg


f0075595_13212553.jpg
女性もこうなってた


f0075595_13213587.jpg
ママもこうなった 結構気を使って塗ってくれたみたいよ


f0075595_13231181.jpg
このあと 集落へ

地面が凍ってるようなので、集落まではついて行きませんでした。
そのままゆ~らんどの温泉に入って、あったまって、墨を落としました。
ここは宿泊所もあるとかで、今度は泊まっていこう。


帰りは4号線で下の道で帰りました。高速道路と変わりません。


SAKURAも行きましたが、写真がない!証拠写真が!
 帰宅後、「申し訳ないワン」とママ、パチリしましたが、SAKURAは冷たい目でした。



f0075595_13232837.jpg
ワタシもいったのに



おわり


by sakura-corgi | 2019-02-26 20:58 | SAKURA | Comments(0)

先々週の週末のダイアリーです。

2月16日土曜日の夜、宮城県加美郡加美町(旧宮崎町)の切込地区にて「裸カセドリ」祭があるというので行ってみました。SAKURAも車に乗り込みました。

水かけ祭りは、大東、米川と行きましたが、ここ切込は夜にあるのと、どうも集落の家の中であるらしいというので、なかなか行けませんでした。
今年は雪も少ないようだし、意を決して行きました。

7時に始まるというので、送れないように4時に家を出発。東北道の大衡ICから下の道を行きました。あっという間に到着しそうなので、ちょっと寄り道。「やくらい薬師の湯」がまだ開いてたので、売店コーナーをウロウロ。なんと、かまどの神様・釜神が展示してありました。宮城県北部によくある縁起物だそうです。う~ん、いろいろあるなあ~と眺めました。ついこないだの「民藝展」でも展示してありましたね。
豪雪地帯だけど、今年は雪が少なく。SAKURAはやくらいを少し歩かせましたが、雪の上はずぼずぼと足が入ってしまって歩けなかった。あんなに喜んでた雪も、どうにもならず、、、のSAKURAです。

f0075595_12435077.jpg
釜神ずらり

f0075595_12435884.jpg
左下の大きいのが好みかな~


1時間前に切込地区へ。以前、切込焼資料館に来たことがあります。資料館を過ぎて、もっと先かな?と行っていましたが山に入るばかりで民家がなし。また引き返して、「陶芸の里 ゆ~らんど」で聞いてみることに。「裸カセドリを見に来たんですけど~。どこから出発ですか?」と聞くと、なんと隣の茅葺の集会所だとか。以前は民家出発だったのが、最近集会所となったようです。
行ってみると外もライトが照らされていました。水かけのバケツも並んでいました。そこにいる人に聞いてみると、「今年は7時集合の8時出発」と。その方は地元民でなくて、石巻から毎年来る方だそうです。

f0075595_12454565.jpg
ゆ~らんどの餅花

ゆ~らんどで暇つぶしして、7時に行きました。
すでにカセドリとなる男の人たちが集まっていました。カメラマンや見物客も。着替えから、ヘソビ(竃墨)塗りを見物しました。隣で観ていたご婦人が話しかけてきました。「どこから?」「仙台から」からはじまって。その方は多賀城から。東京生まれで疎開でこの切込集落に来たとか。そのまま住んで、多分嫁がれたのが多賀城? 毎年来ておられるようです。今年はカセドリが回るのは一軒のみ。もう一軒は喪中で、亡くなられた方のいる家にはカセドリは行かないとのこと。「さみしいね~」
ちょっとお話ししてると、この地区は炭鉱で栄えていたと。石炭やマンガンが採れていたそうです。その頃はさぞ人も多かったのでしょうね。

ここで「切込の裸カセドリ」の豆知識。主に宮城県のHPからです。

「旧宮崎町の切込集落に伝わる、旧暦1月15日の夜に行われる小正月の行事です。現在はその近くの土曜日に行われています。200年以上続いており、県指定無形民俗文化財です。
カセドリは「火勢を取る」という意味です。
15才以上の男子が顔にヘソビ(竃墨)を塗り、裸で家々を訪問し、家人にヘソビをつけ、新年のあいさつをしてから酒食のもてなしを受けます。また、初めての参加者、それに新婚者と厄年の者は、裸の腰に注連縄を回し、頭に藁束をかぶった装束を見につけ、家々の訪問に先立って他の参加者から水を浴びせられます。
この行事は、年が改まる正月に肉体的な試練を受ける通過儀式であるとともに、神となった異装の若者が、家を訪問して饗応を受けることを内容としており、小正月の来訪行事の旧態をよく伝えています。」

f0075595_12453142.jpg
集会所


f0075595_12473862.jpg
出発前

f0075595_12474646.jpg


f0075595_12480075.jpg
水かけのバケツが並んでいる

f0075595_12501333.jpg

f0075595_12494276.jpg
打ち合わせ中

f0075595_12495213.jpg
囲炉裏では

f0075595_12500201.jpg
見物客は玄関の土間で焚火であったまる

f0075595_12515170.jpg
晒しに着替え中

f0075595_12520103.jpg
腹巻して

f0075595_12521585.jpg
鉢巻きして

f0075595_12522613.jpg
顔にクリーム塗って


f0075595_12542133.jpg
出てきた

f0075595_12543433.jpg
顔にヘソビ(竃墨)を塗る
f0075595_12544334.jpg

f0075595_12545526.jpg
鏡を見ながら

f0075595_12573835.jpg

f0075595_12575034.jpg

f0075595_12580118.jpg


f0075595_12581517.jpg


f0075595_12591443.jpg
さらに、両手にいっぱい
f0075595_13001971.jpg
いち

f0075595_13002930.jpg
にい

f0075595_13004001.jpg
さん

f0075595_13005090.jpg
しー

f0075595_13020026.jpg
こうなると止まらない

f0075595_13032132.jpg

f0075595_13033092.jpg

f0075595_13034330.jpg

f0075595_13040085.jpg

f0075595_13052169.jpg

f0075595_13053985.jpg
お酒で乾杯! 未成年者はポカリスエットで

f0075595_13055146.jpg
つづく






More
by sakura-corgi | 2019-02-26 20:40 | SAKURA | Comments(0)