<   2012年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

日付が変わってしまいました。

今日は暖かい一日でした。
手袋なしで全然大丈夫。うららかな春といった日中。
お風呂場の蘭の花が今年も咲いてくれました。肥料もやってなくて ほったらかしといった状態ですが 見事に咲きました。よっぽど条件が我が家に合っているのでしょうね。ちなみに 隣に並んだ蘭は瀕死です。
f0075595_0215026.jpg
咲いた

旅の続きです。
太地でぐっすり眠って気分のいい朝でした。
宿のレストランで朝食を食べながら 地元紙を読みました。「熊野新聞」もちろん初めて見ます。お彼岸とあって一面は台風被害の慰霊のニュースでした。その下は なんとスーパーの宣伝。旅先の地元紙というのは面白い。
f0075595_0222460.jpg
朝刊 地元の熊野新聞

f0075595_023854.jpg
1面の下半分はスーパーの宣伝 さすが地元紙

f0075595_0241534.jpg
宿のペットのヤギさん こんにちは

f0075595_0245023.jpg
記念写真

チェックアウト前に もう一度イルカを見せてもらいました。
小学生の男の子がイルカとのふれあいというのをやっていました。楽しそうでした。
SAKURAはもう全く怖くて近寄れません。
f0075595_0251736.jpg
またイルカに会いに行った 一緒に泳いでる

f0075595_025497.jpg
怖い!

f0075595_026317.jpg
f0075595_0264356.jpg
f0075595_027575.jpg
f0075595_0271555.jpg


夕食の伊勢海老が美味しかったので 隣の伊勢海老やさんで買って送りました。思ったよりずっと安かった。小ぶりですが 7匹で1万円弱。
f0075595_02743100.jpg
伊勢海老買った

山道の移動が長いので 早めに太地を出発、次の宿のある吉野山に向かいました。
42号線を海岸沿いに北上、熊野の鬼ヶ城から内陸へ309号線東熊野街道をひたすら走りました。下北山村を通って 吉野へ。これが遠かった。がけ崩れの復旧作業も多々。
吉野の道は狭くて大変でしたがなんとかお宿にたどり着きました。中千本です。もちろん桜の開花はまだまだ先でした。今年は梅の花さえ咲いていない。1~2週間遅れだそう。
お風呂の前に近所をお散歩しました。竹林院の庭園があったので歩きました。まだ花がなくて少し寂しい景色でしたが 遠くを見渡せました。苔がぎっしりついた木々が印象的。
f0075595_029175.jpg
竹林院をお散歩

f0075595_0293332.jpg
庭園

f0075595_0295193.jpg


f0075595_030980.jpg
蔵王堂がみえる 桜が咲いたら見事だろうなあ

f0075595_0313610.jpg
f0075595_0314731.jpg
f0075595_032028.jpg
吉野本葛

f0075595_0322497.jpg
葛根ってこんなの?

f0075595_0325855.jpg
おばあちゃん絵手紙中

f0075595_0332069.jpg
SAKURAはぐっすり

つづく
by sakura-corgi | 2012-03-30 00:40 | SAKURA | Comments(0)

日付が変わってしまいました。

今日は比較的暖かい一日でした。SAKURAは毎日元気にお散歩しています。静かな生活に戻っています。SAKURA「お留守番ばっかり~」って言いそうです。

旅の続きです。
3泊目は川湯温泉「大村屋」。朝から気になる河原の露天風呂を見に行きました。
快晴なり。
吊橋を渡って 河原に下りていきました。朝は入浴客はいなかったので ゆっくり見物しました。きれいなお湯でした。手をつけると ちょうどいい湯加減。どういう風に温度を調節しているのでしょう。
すがすがしいお散歩でした。
f0075595_25123100.jpg
吊橋を渡って 朝のお散歩

f0075595_2515639.jpg
向こう岸に着いた

f0075595_2521993.jpg
どれどれ

f0075595_2523594.jpg
さすがに朝風呂の人はいない

f0075595_253511.jpg
湯加減よさそう

f0075595_253434.jpg
一応目隠しのすだれ

f0075595_254839.jpg
f0075595_2541971.jpg
SAKURAは入れません

f0075595_2561375.jpg
あっ 水鳥2羽

f0075595_2564281.jpg
f0075595_2565175.jpg
川の水も雨上がりと思えないほどきれい

f0075595_257261.jpg
快晴

f0075595_2574249.jpg
お宿をチェックアウト

1日お宿でのんびりしたので おばあちゃんも元気が出ました。早速 新宮まで行きました。途中の土砂崩れの復旧中が方々で 生々しく。
まずは 熊野三山の2つ目、熊野速玉大社に。ママの目的のひとつです。そんなに信仰心があるわけではないのですが 熊野古道に来たのだから熊野三山はなんとしてでも回らねば。
f0075595_2581123.jpg
熊野速玉大社に来た 三山の2つ目

f0075595_259275.jpg
f0075595_2591261.jpg
f0075595_2592267.jpg
f0075595_2593322.jpg
もうで餅買った

となりにある川原家横丁で ちょっと買い物。江戸時代初期から昭和20年代にかけて熊野川河川敷に並んだ木造組み立て式住宅を再現したものだそうです。北山村産の「じゃばら」という柑橘類、ジュースを飲んだら 少し変わった味。
新宮の町には みかん屋さんが並んでいました。デコポン、ネーブル、みかん等 いろんな種類が並んでいます。店頭全部みかん!には驚きました。
f0075595_30875.jpg
北山村産のじゃばら(邪払)という柑橘類

f0075595_311674.jpg
みかんもいっぱい

f0075595_314145.jpg
川原家横丁でした

f0075595_32537.jpg
新宮の町にはあちこちに みかん屋さん

熊野那智大社へ向かいました。途中の国道42号線はここでも昨夏の台風による土砂崩れが生々しく残っていました。
那智大社のふもとに到着。ここから急な石段437段! SAKURAとおばあちゃんは下で待つことにしました。ママはひとりで登っていました。息が切れました。
熊野三山の3つ目制覇。那智の滝への自然信仰が起源といわれています。ここからも那智の滝が遠くに見えました。
f0075595_3346.jpg
熊野那智大社へ

f0075595_333214.jpg
遠くに那智の滝がみえる

f0075595_3434.jpg
437段のぼってお参り

f0075595_343928.jpg
この石段が続く

f0075595_351243.jpg
f0075595_352221.jpg
下でSAKURAとおばあちゃんが待ってた

那智の滝にも行きました。SAKURAもおばあちゃんも頑張って行きました。
石段をどんどん下って 見えました那智の滝。落差133m、滝壺の深さ10m、毎秒1tの水量だそうです。そこから先の拝観はペットNG、ママだけ滝壺の見えるところまで行きました。神の滝です。
f0075595_36660.jpg
那智の滝へ

f0075595_362525.jpg
ついた

f0075595_364315.jpg
f0075595_3245291.jpg
拝観はペットNG

f0075595_374164.jpg
f0075595_37512.jpg
f0075595_38623.jpg
f0075595_381732.jpg
f0075595_382784.jpg


この日の宿のある太地へ。
まだ時間があったのでぐるっと半島をまわりました。江戸時代初期に古式捕鯨が発祥したところです。現在も小型鯨の追い込み漁が行われているとのこと。やはりシーシェパードが出現するらしく パトカーに何度も出くわしました。
燈明崎と梶取崎を回って宿に入りました。
f0075595_39238.jpg
太地に着いた

f0075595_392873.jpg
ここは古式捕鯨燈明崎山見跡

f0075595_3104612.jpg
f0075595_3105882.jpg
f0075595_311964.jpg
f0075595_3112029.jpg
f0075595_3113843.jpg
桜一輪

f0075595_312865.jpg
梶取崎

f0075595_323094.jpg
f0075595_313177.jpg


4泊目はホテルドルフィンリゾート。
イルカ見学できるというので チェックイン後すぐに見せてもらいました。
SAKURAは初めてイルカを見ます。じっとしているイルカに興味津々だったですが(多分 生き物と思ってなかった) パオ~って大口開けたイルカに恐れおののいたSAKURAでした。それからは近寄れず。
f0075595_3132617.jpg
宿にチェックイン イルカ見物

f0075595_3135786.jpg
何これ?

f0075595_3142361.jpg
対面

f0075595_3143932.jpg
イルカが口を開けて SAKURAは逃げた

夕食には 伊勢海老のお味噌汁。おいし~い!
f0075595_3152077.jpg
夕食 伊勢海老のお味噌汁

つづく
by sakura-corgi | 2012-03-29 03:25 | SAKURA | Comments(0)
またまた日付が変わってしまいました。

今日は 卒業式でした。女子学生2人と他学部からアルバイトに来てくれていた男子学生1人が卒業しました。晴れ姿をぱちり。
f0075595_2223110.jpg


ママの仕事を手伝ってくれてた学生さんに今夜ご馳走しました。「地雷也」。キンキの炭火焼ねらいでした。お店はあっという間に満席の大賑わい。人気です。

SAKURAの次男ロム君のお姉さんにばったり会いました。なんと岩手に転勤だそうでびっくり。しかしロム君はママさん達とかわらず宮城のお家です。今年は親子会できるかな?

旅の続きです。
2泊目の伏拝(ふしおがみ)王子に近い「農家民宿はる」さんの近所を早朝散歩しました。
雨が上がって低く垂れ込めた雲がなんとも心を和らげます。民家と茶畑、みかんの木。
このあたりに住んでいるのは80歳代のお年寄りばかりとのこと。ここでは70歳代のおばあちゃんは「若造」だそうです。
f0075595_22325.jpg
早朝のお散歩 低く垂れ込める雲が美しい

f0075595_2235733.jpg
f0075595_2241227.jpg
周りは茶畑

f0075595_2244094.jpg
梅が満開 今年は遅いのでした

f0075595_2251110.jpg
美しい朝

f0075595_2253568.jpg
ふきのとう見つけた

f0075595_2255851.jpg
宿に戻ってきた

宿を出て「発心門(ほっしんもん)王子」に向かいました。発心門は熊野の中でも聖域への門であり、ここからが熊野本宮大社の入り口だったようです。
歩けばよかったのですが 車で行ったものだからたどり着けず、雨も降っていておばあちゃん連れだったのであきらめてまた 熊野本宮大社のほうへ戻りました。
ママは SAKURAとおばあちゃんを車に残して「大斎原(おおゆのはら)」へ歩いて行きました。熊野川の中洲にかつて「大斎原」と呼ばれる熊野坐社がありました。約2千年も昔。敷地は約1万坪、楼門がそびえ、幾棟もの社殿とともに能舞台や神楽殿が立ち並んでいたということです。1889年の熊野川流域ぼ大洪水で大部分を流失し、水害を免れた4社を移築したのが現在の熊野本宮大社。平成12年にこの大鳥居がシンボルとなって建てられました。
f0075595_2263587.jpg
大斎原(おおゆのはら)

f0075595_2271331.jpg
シンボルの大鳥居

f0075595_2274757.jpg
中州 本流熊野川と音無川、岩田川が合流する

次の宿に入る前に 近くの「湯の峰温泉」に行ってみました。
湯の谷川の河原にもうもうと湯けむり。観光客が温泉卵を作っていました。
世界遺産登録の「つぼ湯」がありました。石の湯船の底から天然の温泉が湧き出ているとのこと。残念ながら誰かが入浴中で中は見られず すぐそばの茶店で一服。ママは「熊野サイダー」。
開湯以来1800年を超える日本最古の湯の一つ。熊野詣の旅人が心身を清めた湯垢離場として知られています。
f0075595_2292017.jpg
湯の峰温泉に来た 湯の谷川河原

f0075595_230134.jpg
河原に下りていくと

f0075595_2302848.jpg
なんだか人だかり

f0075595_2305093.jpg
観光客が温泉卵を作っていた にんにくもあり?

f0075595_2314296.jpg
その先に見える小屋は

f0075595_2541192.jpg
世界遺産の「つぼ湯」

f0075595_2323242.jpg
f0075595_2324626.jpg
中は入浴中で見れず

f0075595_233329.jpg
湧き水で入れたコーヒーと熊野サイダーで休憩

早々に チェックイン時間前に 次のお宿に到着。川湯温泉です。
3泊目とあって ゆっくり温泉に入って休憩しました。部屋の窓から川湯が見渡せて 眺めてるだけでもいい気分。熊野川支流の大塔川の川底から湯が湧き出ていて 河原を掘れば露天風呂。夕暮れまで入浴中の人の姿とお散歩の人が遠くに見えました。もちろん海パン着用。湯の温度は73度とのこと。冬には川をせきとめて仙人風呂となるそうです。
内湯に入ってから ひたすらのんびりのんびり。
f0075595_2343772.jpg
早々にこの日のお宿 川湯温泉へ 宿の窓からの眺め

f0075595_2353254.jpg
河原から湧き出る温泉

f0075595_2362561.jpg
入浴中の人と散歩の人

f0075595_237063.jpg
なかなか微妙な距離

f0075595_237243.jpg
海パンはいてた

つづく
by sakura-corgi | 2012-03-28 02:54 | SAKURA | Comments(0)

今日も日付が変わってしまいました。

仙台地方 今朝は晴れてると思ったら 午後になって仕事場で「ブラインド開けて窓の外を見てください」と声かけられて外を見たら なんと大吹雪! 大きな雪が真横に降っていました。それも一時間くらいでおさまって また晴れ間が出ましたが 寒いのなんの。
和歌山の暖かさをしみじみ思い出すのでした。

旅の2日目です。
白浜温泉にじっくりつかって お肌すべすべで宿を出発しました。
あいにくの雨模様。前日の夜、宿の人に 雨になると新宮方面に行く道が通行止めになるかも、、、と教えられて心配してたのですが その路線を走ってるバス会社に聞いてみたところ 今のところは大丈夫ということで一安心。昨年の夏の台風被害での土砂崩れの影響だそうです。ニュースでは知ってたのですが もう完全復旧していると思っていましたが また土砂崩れの危険性があるようです。

せっかくなので 白浜を少し回ってから熊野古道へ入っていくことにしました。
ぐるっと半島を海岸沿いに回りました。お天気がいいともっと白浜のリゾート気分になるのでしょうが 横風の強い雨模様。
円月島が見えました。ちょっと車を降りてみました。高さ25mの島。打ち寄せる波によって出来た海蝕洞が満月の形をしていることから円月島という愛称になった島です。
f0075595_2251591.jpg
円月島 あいにくの雨

f0075595_2254314.jpg
f0075595_2255453.jpg


千畳敷にも寄ってみました。ここは風が強くて 傘が飛ばされそうでした。みごとな岩盤です。約6500~180万年前の地層が長い年月をかけて浸食されて階段状の岩盤になったとされています。雨にもかかわらず 潮の香りにSAKURAは大喜びで駈けていました。その左先には 三段壁の断崖絶壁となるようです。
f0075595_2265064.jpg
千畳敷

f0075595_227962.jpg
風ビュンビュン

f0075595_227312.jpg
左手が三段壁方面

f0075595_229223.jpg


白浜ともさよならして311号線に入って 内陸の道 中辺路(なかへち)に向かいました。

古道に沿った311号線、王子跡が点在しています。熊野九十九王子(社)は、907年の宇多上皇の熊野御幸にはじまって熊野に詣でる上皇や女院の休憩所となったところです。王子とは、大阪から熊野までの道中に百ヵ所近くもある「熊野九十九王子」と呼ばれるもので、熊野三山の御子神あるいは摂社です。 滝尻王子は熊野の霊域への入り口いといわれ、人々は万感をこめてここからつづく険しい坂をのぼったとされています。(パンフレットと歩く旅シリーズから)

最初の稲葉根王子が見つからず(ほとんどが 石碑が残るのみだそうです) 滝尻王子を訪れました。ここから大勢の古道歩きの団体がスタートしていました。ほとんどが中高年の方、雨にもかかわらずおにぎりを受け取って 準備運動、案内人とともに古道に入って行きました。
ママはおばあちゃんとSAKURA連れなので 山道はまた次回とします。
滝尻王子に隣接した「古道館」に立ち寄り まず予備知識を得ました。
f0075595_2293839.jpg
中辺路へ 世界遺産

f0075595_2295847.jpg
これが滝尻王子宮

f0075595_2303097.jpg
f0075595_2303954.jpg
f0075595_2305837.jpg
熊野古道館へ

f0075595_2313596.jpg
古道館で山伏と記念写真

f0075595_232836.jpg
今ここ

f0075595_233389.jpg
ここが熊野本宮大社

f0075595_234247.jpg
説明を聞く

f0075595_2343549.jpg
古道を歩く人達が準備運動中 四国からのツアーだとか

土砂崩れの復旧工事で片側通行となった311号線を進み 迫る山々を眺めながら熊野三山のひとつ 熊野本宮大社に到着。石段を登って参拝しました。ママの2つ目の目的地です。
f0075595_2354471.jpg
熊野本宮大社へ来た

f0075595_2484539.jpg
参拝しよう

f0075595_2363782.jpg
あばあちゃん頑張れ

f0075595_237065.jpg
これより先は撮影禁止 

f0075595_2373586.jpg
激しい雨に雨宿り 雷も

f0075595_2381723.jpg
途中で名物「めはり寿司」食べた 高菜で包んだ味付けご飯 昔は大きなおにぎりで 目をはるようにして食べたとか

f0075595_240322.jpg


熊野本宮大社に程近い2泊目の宿に入りました。農家民宿。一日一組のみのお宿です。入るなり囲炉裏がありました。お風呂で体をあたためてから 囲炉裏端で夕食をいただきました。
f0075595_2405066.jpg
宿へ

f0075595_241695.jpg
囲炉裏端で夕食

f0075595_2413413.jpg
おいしい

つづく

今日のお花
f0075595_2421241.jpg
久しぶり

f0075595_242306.jpg

by sakura-corgi | 2012-03-27 02:48 | SAKURA | Comments(0)
日付が変わってしまいました。

昨夜遅く 関西から仙台へ帰ってきました。仙台空港に着くと 路肩に雪が残っていました。前日 ドカ雪が降ったそうです。暖かいところから帰ってくると 「雪?」って ちょっと浦島太郎です。「ここはどこ?」って感覚。

携帯からの満足いかないダイアリーから開放されて ようやく写真がアップできます。
旅は5泊6日。パソコンとテレビを見ない(テレビはあったけど つけなかった) 古式ゆかしい(、、は大げさですが)旅でした。和歌山旅行に5泊?って声もあったようですが 熊野古道です。たっぷり時間をとるつもりで計画しました。それでも 行き帰りに1日ずつとられてしまいます。
昨年の春のお彼岸にいく予定をしていましたが あの震災で一年後の今春となりました。 待ちに待った旅です。
旅の道連れは今回もおばあちゃんです。

朝早く仙台空港を飛び立って 大阪伊丹空港に到着したのが9時半でした。ここでおばあちゃんと合流しました。
レンタカーで出発。山道なので凍結の心配、スタッドレスタイヤにしました。阪和自動車道を走って和歌山I.C.を出て国道24号線で内陸へ、まず向かったのは「高野山」です。
その道中に「西国三百三箇所巡り 第三番札所」の「粉河寺」がありました。いつも実家でお盆に念仏を唱える時に出てくるので 予定外でしたがちょっと立ち寄ってみました。

車を降りると暖かい! 上着を脱ぎました。みかんの販売所がありました。みかん、やっぱり和歌山に来た。
川に沿って広い境内、それと 本堂、石組の庭園に おおお!って驚きました。小さいお寺だと思っていたものですから。
f0075595_1242789.jpg
西国第三番 粉河寺 山門

f0075595_1253085.jpg
仁王像 なかなかよいなあ

f0075595_1263645.jpg
こんな木があった

f0075595_127341.jpg
驚き 1832年建立の中門

f0075595_1272144.jpg
本堂前の石庭 桃山時代の石組の枯山水蓬莱庭園

f0075595_1282735.jpg
本堂すごいなあ おもわず「おお」 江戸時代中期の寺院建築の代表的建造物とされている 1706年建立

f0075595_1302548.jpg
でへっと休憩中

f0075595_1305015.jpg
境内も立派な寺でした


境内は「犬の散歩禁止」の立て札。SAKURAを連れてきてしまったので 抱っこで歩きました。写真撮影時のみ下ろして。あとは 本堂拝観の時は真ん前の茶店のベンチで待たせました。お散歩ではありません。

思いがけない立派さに 調子がのってきました。

24号線から 西高野街道で山に入りました。高野山の大門に到着。ママの第一目的地。
雪の残る高野山でしたが 案外暖かく ただ境内が雪融けでぬかるんでいました。シャンプーしたてのSAKURAの足と胸が 初日にしてドロドロとなってしまいました。

金堂、根本大塔、御影堂をぐるっとまわってから お目当ての金剛峯寺を拝観しました。

豆知識
(金剛峯寺の名称は弘法大師が命名されたもので 高野山一山の総称であった。1593年に豊臣秀吉が亡母の菩提のために建立、更に1863年に再建されたのが現在の建物。現在も高野山全体を総轄する伝統はそのままここに残され高野山真言宗の総本山として信仰の中心となっている。)

襖絵と石庭蟠龍庭が素晴らしいお寺でした。奥でお茶をいただいていたら 説法がはじまりました。若いお坊さん。ありがたいようなありがたくないようなお話を聞いて これも旅ならでは。広い庫裏にも感心しながら大満足の拝観でした。
f0075595_22242.jpg
高野まきがあちこちで売られている

f0075595_1333489.jpg
山門

f0075595_134048.jpg
仁王さん

f0075595_1341914.jpg
睨みをきかせている

f0075595_135441.jpg
こっちも

f0075595_1352573.jpg
根本大塔 雪が残っている

f0075595_136478.jpg
美しい御影堂

f0075595_139191.jpg
金剛峯寺へ

f0075595_1401662.jpg
f0075595_1402779.jpg
f0075595_1403718.jpg
拝観した

f0075595_141036.jpg
f0075595_222560.jpg


奥の院まではとうてい行けず 宿のある白浜温泉へと向かいました。和歌山広し。宿への到着が夜の8時となってしまいました。さすがにワンコ宿 お湯の出る足の洗い場があって ドロドロSAKURAの足と胸を洗うことができました。ベイリリィ国民宿舎しらゆり荘。
夕食には間に合わず 部屋に運んでもらっていた夕食、残念ながら冷えてしまっていましたが それでも美味しくいただきました。SAKURAにもローストビーフ付の食事がでました。温泉につかって旅の疲れがとれました。お肌つるつる。
f0075595_1413817.jpg
その夜の宿は白浜温泉

f0075595_147054.jpg
SAKURAの分も

初日から大移動でしたが 満足な出だしでした。

つづく
by sakura-corgi | 2012-03-26 02:04 | SAKURA | Comments(0)

SAKRA 鹿に会う

f0075595_8143052.jpg

f0075595_8143080.jpg

f0075595_8143032.jpg

携帯からのアップが続きます。写真に満足できませんが、、、。帰りに 奈良公園で SAKURAは鹿に対面しました。これはママの長年の念願? すぐに鹿に威嚇されて 尻尾が丸まってしまいました。鹿のいるところは抱っこで通過。奈良公園を興福寺から猿沢の池経由で浮見堂までお散歩しました。
by sakura-corgi | 2012-03-23 08:14 | SAKURA | Comments(0)

SAKURA@吉野山・奈良

f0075595_19535074.jpg

f0075595_19535093.jpg

f0075595_19535079.jpg

太地から熊野市を通って 山道をドライブすること四時間、和歌山県、三重県、奈良県と三県を通って やっと吉野山につきました。桜はまだつぼみかたし。中千本をお散歩して 店先で見つけた からすうり と 山柿の干し柿。携帯からのアップは 写真に満足できませんが 雰囲気だけの、、、。
by sakura-corgi | 2012-03-20 19:53 | SAKURA | Comments(0)

イルカ初対面

f0075595_19525651.jpg

f0075595_19525611.jpg

捕鯨の町・太地に来ました。イルカと初対面したSAKURA、口をパクって開けたイルカに驚いて 二度と近づけません。
by sakura-corgi | 2012-03-19 19:52 | SAKURA | Comments(0)

SAKURA@川湯温泉〓和歌山

f0075595_184453.jpg

初の携帯からのアップです。SAKURAは飛行機で関西に来ています。今日は 和歌山県の熊野古道 川湯温泉です。宿から眺める湯の出る川。
by sakura-corgi | 2012-03-18 18:04 | SAKURA | Comments(0)

SAKURAのふりかけ


日付が変わってしまいました。

早速昨夜 SAKURAのふりかけを試してみました。
いつもの茹でササミをきらしていたので 白いご飯にかけて。パラパラ。
さて お待ちかねのSAKURAにあげたら 噛む音がパリパリ。食べずらそうなので 袋を見てみたら 水かお湯で戻してからふりかけるそうです。
もうご飯にかけてしまったので そのままラップしてレンジでチンしました。
蒸気で少し柔らかくなって いっただっきまーす!
あっという間に平らげました。食いつきいいです。美味しいみたい。
ママも試してみようかなあ?
主原料に 大根葉とブドウ糖。ちょっと味付けしてあるみたい。
f0075595_0495279.jpg
大根葉のふりかけ?犬用とは思えない、、、

f0075595_0502335.jpg
ふりふり

f0075595_050408.jpg
こんなもんかな?

明日はSAKURA 機上の犬となります。
4月には7歳になるSAKURA。お盆、お正月、春のお彼岸と 年3回関西に帰省。ということは 年に6回飛行機に乗ります。6年だから単純計算して36回。行かなかった時もあるけど G.W.に北海道へ飛んだときもあった。やっぱり30回以上は機上の犬となっている、、、。
by sakura-corgi | 2012-03-16 00:52 | SAKURA | Comments(0)

SAKURA一家の成長日記


by sakura-corgi