人気ブログランキング |

SAKURA一家の成長日記


by sakura-corgi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2016年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧


土曜日、今年初のボタニカルガーデンにお散歩に行きました。

SAKURAは2回目かな? 先週末の開園の時も行ったようです。

ママは未だ桜が咲いているかな?と期待。仙台の桜があっという間に終わってしまったので、少し物足りなかったのです。

とてもいいお天気でした。気温も暑すぎず寒くもなくちょうどいいくらい。SAKURAには最適です。

なんともう水芭蕉が終わって、カタクリの花もほとんど終わって、シャクナゲが咲き始めていました。やはりこの春は季節の前倒しです。

写真日記です。多いですよ~。


f0075595_00141964.jpg
泉ボタニカルガーデンに来た

f0075595_00144339.jpg
チューリップと桜

f0075595_00150627.jpg
チューリップの季節

f0075595_00153082.jpg

f0075595_00155195.jpg
木の根元にビオラ

f0075595_00161997.jpg
見事!

f0075595_00164459.jpg
珍しい水仙

f0075595_00170953.jpg
ピンクのシャクナゲ満開

f0075595_00173812.jpg

f0075595_00175371.jpg

f0075595_00180767.jpg

f0075595_00182415.jpg

f0075595_00183883.jpg
真っ赤なシャクナゲ!

f0075595_00190243.jpg
これも真っ赤な八重の椿

f0075595_00193150.jpg

f0075595_00194308.jpg

f0075595_00195569.jpg

f0075595_00200813.jpg
芝生広場に到着

f0075595_00203286.jpg
桜の花びらの絨毯

f0075595_00205400.jpg
桜とSAKURA どっちも素敵よ

f0075595_00211955.jpg

f0075595_00214305.jpg
定点観測

f0075595_00220451.jpg
ツツジとカタクリの径に行くよ

f0075595_00224663.jpg
ツツジのトンネル

f0075595_00230679.jpg
色すこしずつ違うね

f0075595_00233974.jpg
カタクリの花残ってたのを見つけた

f0075595_00240810.jpg
戻て来た

f0075595_00242782.jpg
岬の桜

f0075595_00244603.jpg

f0075595_00245994.jpg

f0075595_00251680.jpg
SAKURAはどこかな?

f0075595_00254725.jpg
木と椅子の間にはさまってた

f0075595_00263674.jpg

f0075595_00271079.jpg

f0075595_00272463.jpg
桜とツツジ

f0075595_00274493.jpg
芝生広場に戻るよ

f0075595_00281008.jpg

f0075595_00282339.jpg
芝生広場

f0075595_00284223.jpg
いい景色

f0075595_00290227.jpg

f0075595_00292168.jpg

f0075595_00293869.jpg
水芭蕉終わったか見に行こうか

f0075595_00301060.jpg
そっちには行かない!って座り込んだ

f0075595_00304093.jpg
桜と新緑

f0075595_00310025.jpg
ので、戻ってきた

f0075595_00311679.jpg

f0075595_00314932.jpg

f0075595_00320364.jpg
黄色いチューリップが春らしい

f0075595_00323641.jpg

f0075595_00324803.jpg

f0075595_00330337.jpg

f0075595_00332751.jpg

f0075595_00334031.jpg
珍しいチューリップ

f0075595_00340255.jpg
これも

f0075595_00342098.jpg
葉っぱにもピンクが入っているわ

f0075595_00345001.jpg

f0075595_00351626.jpg
帰り道

f0075595_00353644.jpg

f0075595_00355209.jpg

f0075595_00360565.jpg

f0075595_00361900.jpg
似合ってるかしら~

f0075595_00364223.jpg
椿

f0075595_00370083.jpg

f0075595_00371523.jpg
出口まで来た

枚数多かったです。もっとしぼらねば、、、。




by sakura-corgi | 2016-04-27 00:42 | SAKURA | Comments(0)

Tokyoへ


ママの独り言です。SAKURAもいつかTokyoに連れて行きたいなあ。

SAKURAにはお留守番をしてもらって、ママはコンサートのため東京へ。

その前に、東京在住の妹とランチ&ミュージアム観覧2つ。

まずは、国立新美術館。


f0075595_02313663.jpg
久しぶりにランチを

f0075595_02332902.jpg
妹と

f0075595_02335894.jpg
面白かったよ

次に、21_21 DESIGN SIGHT。

f0075595_02342668.jpg
S字フックで

f0075595_02375128.jpg
絨毯?

f0075595_02381120.jpg
妹に一役買ってもらいました 「雑貨展」


E.C.ファン歴26年、コンサート歴20年欠かさず。


f0075595_02391254.jpg
今回のコンサートも陶酔

翌日、渋谷へ。


f0075595_02394224.jpg

この日もミュージアム2か所。


f0075595_02395854.jpg

f0075595_02401055.jpg

この後、丸の内に戻って、三菱1号館美術館。


f0075595_02411512.jpg
Paris オートクチュール

f0075595_02415667.jpg

f0075595_02420750.jpg

f0075595_02422059.jpg

f0075595_02423394.jpg

f0075595_02424867.jpg
着てみたいのが沢山


充実した2日でした。



by sakura-corgi | 2016-04-24 02:46 | ママの独り言 | Comments(0)


以前にも1度来たことがありましたが、いつだったか、、、。

多分10年以上前、20数年だったかな? 記憶にないくらい前です。

まだそんなに全国的に有名でなく、地元の人に交じって花見をしました。滝桜に支柱もあったかなかったか、、、くらいの元気さでした、当時は。


4月12日、仕事場からの花見でした。

ママはSAKURAを連れてちょっとだけ花見参加。それでも福島・三春は仙台から遠いので、1日費やしてしまいました。

ママとSAKURAは、待ち合わせの蕎麦屋に一番乗り。美味しいお蕎麦を食べてたらもう午後。まずは、三春滝桜に。



豆知識です。

「天文年間(1532~1554)に滝美濃により植えられたという説もあるが、天保7年(1836)に著された「滝佐久良の記」に天保2年(1645)にはすでに大木であったと記されており、さらに樹齢は古いと考えられている。

大正11年(1922)には国の天然記念物に指定された。その後、旧中郷村は「滝桜保存会」を組織し周囲の環境維持に努めた。

平成2年(1990)には滝地区に「滝桜保存会」が結成され、土壌改良を毎年行っている。

平成14年(2002)には台風により最上部の1本が折れ、平成17年(2005)には大雪のため大枝を含む20本以上の枝が折れたため、国の補助を得て修復工事を行った。」


種類:エドヒガン系のベニシダレザクラ

大きさ:高さ13.5m、幹回り8.1m、根回り11.3m

    枝張り 東へ11.0m、西へ14.0m、南へ14.5m、北へ5.5m

樹齢:1,000年以上と推定



いつだったか記憶にないくらい前と比べて、広大な駐車場やトンネル、観桜料支払い所等、大掛かりな観光地になってるのに驚きました。

滝桜は、大きな支柱で見事に立っていました。丁度花盛りでした。

折れた分なのか、ずいぶんな老木の様子になっていましたよ。


f0075595_01543521.jpg
三春滝桜に

f0075595_01550444.jpg
花見に来た

f0075595_01552656.jpg
ずいぶん支柱が

f0075595_01555394.jpg
このメンバー

f0075595_01561645.jpg
SAKURAは暑いよ

f0075595_01565086.jpg
菜の花とのコントラスト

f0075595_01570426.jpg

f0075595_01573836.jpg

f0075595_01575374.jpg
反時計回りに

f0075595_01581675.jpg
回ってみて

f0075595_01584063.jpg
若っ

f0075595_01590290.jpg

f0075595_01591650.jpg
裏の丘にも桜

f0075595_01594825.jpg
丘から三春を眺める

f0075595_02001845.jpg
のどかな

f0075595_02003671.jpg
農村の風景

f0075595_02010044.jpg
丘を下って

f0075595_02013230.jpg
裏から滝桜を眺める

f0075595_02020373.jpg
休憩中

f0075595_02022711.jpg
横から

f0075595_02025093.jpg

f0075595_02030732.jpg

f0075595_02032665.jpg

f0075595_02034463.jpg
これで1周回ってきた

ママとSAKURAは滝桜のみで帰りました。あとの人たちは、もう2か所の近隣の桜の古木を見に行った?


先週のお花です

f0075595_02043050.jpg
はじめてのゼンマイ

f0075595_02045443.jpg
やわらかなピンク


4月14日の売茶翁の生菓子。


f0075595_02064825.jpg
ほっ

f0075595_02071071.jpg
桜と菜の花かな?




by sakura-corgi | 2016-04-24 02:12 | SAKURA | Comments(0)


こんなにダイアリーを貯めてしまいました。

カメラのメモリーがいっぱいになっていました。


もう、仙台市内の桜は、例年より約1週間早く終わってしまいました。ホントあっという間。


3月31日の近所の枝垂れ桜。新設の建物の陰になって、ちょっとかわいそうです。


f0075595_00265147.jpg

その枝垂れ桜も、5日後の4月5日には満開になっていました。


f0075595_00262355.jpg


4月6日。SAKURAを散歩させていた時の、マンションの桜。


f0075595_00271276.jpg

そして、その週末の土曜日の夜。感動のコンサートでした。御年75歳でよくがんばったねえ。


f0075595_00272678.jpg

続いて、4月10日、日曜日の仙台勾当台公園での「2016 Histric & Classic Car meeting in SANDAI」にSAKURAのお散歩がてら出かけました。

ママは最近、古いものに胸キュン。紀元前までさかのぼることも。

クラシックカーは、紀元前までいきません。


f0075595_00280004.jpg
楽しい車内は

f0075595_00281841.jpg
Sunny

f0075595_00283553.jpg

f0075595_00285188.jpg
こんなのも

f0075595_00291749.jpg
イイナ~

f0075595_00304885.jpg
ママは愛車のホイールに随分迷ったこともあったな

f0075595_00315186.jpg
かっこいいよ

f0075595_00321909.jpg

f0075595_00324784.jpg

f0075595_00330260.jpg
車内もチェックポイント

f0075595_00333546.jpg
えっとワタシどれにしよう

f0075595_00341897.jpg
キュートなお尻もいいねえ

f0075595_00344877.jpg
迷ってしまうわ

f0075595_00350820.jpg
これなんかどう?

f0075595_00353619.jpg
「って 買うわけじゃありません」ママ

f0075595_00360452.jpg
「見るだけよ」

f0075595_00370686.jpg
えっ?そうなの?

f0075595_00372999.jpg
トットコ走ってた

f0075595_00375335.jpg

f0075595_00381454.jpg
横開きで エンジン?

f0075595_00384213.jpg
さすがの迫力

f0075595_00391037.jpg
う~ん

f0075595_00392783.jpg
惚れ惚れ

f0075595_00394674.jpg
めったに見ない

f0075595_00401210.jpg
ものばかり

f0075595_00403346.jpg
このジャガーはフィアットと同じ持ち主でしたよ

f0075595_00410560.jpg

f0075595_00412772.jpg
so

f0075595_00414503.jpg
cute

f0075595_00420694.jpg
ワタシの方がキュートよね


f0075595_00422467.jpg
後姿も

f0075595_00432226.jpg
おもちゃみたいな一人乗り

f0075595_00433475.jpg

そして最後は、

f0075595_00435714.jpg

ノッテしまった。



by sakura-corgi | 2016-04-24 00:49 | SAKURA | Comments(0)

旅の5日目、最終日です。


夜中に雷が鳴ったそうです。
朝、庭で朝食を食べようと準備していたら、雨が降りだしました。
最終日に雨となりました。

チェックアウト。
コーヒーを頂いてから、宿を後にしました。

f0075595_02301073.jpg
お宿をチェックアウトして

f0075595_02303782.jpg
4泊したコテージともさよなら

f0075595_02310195.jpg




飛行機までに少し時間があったので、屋久杉工芸の見学をしました。雨宿り。
巨大な屋久杉の衝立やテーブル。もうあまり良い屋久杉は手に入りにくいそうです。
ママは屋久杉の小さなコースターを買いました。
屋久杉の薄い板が欲しくて1mくらいの長さの幅の狭いもの、値段を聞いたら、何と数万円、、、。えっ?
f0075595_02312691.jpg
屋久杉 衝立を作っているのかな

f0075595_02314968.jpg
しゃもじ

f0075595_02321772.jpg
立派

f0075595_02323384.jpg
屋久杉の棚や欄間

f0075595_02330445.jpg
箪笥



帰りの飛行機は問題なく。
大阪伊丹空港で軽食をとって、おばあちゃんは空港バスで帰って行きました。SAKURAも空港バスに乗ろうとしました。「ワタシも乗る乗る!」
SAKURAは、伊丹空港に着いたらあばあちゃんの家に行くと思っているので、ここで別れるのは不思議そう。

f0075595_02331947.jpg
大阪伊丹空港到着

f0075595_02334863.jpg
休憩してから おばあちゃんともさよなら



無事SAKURAも仙台に到着。ものすごく元気です。よっぽど旅が刺激になったのでしょう。


思いがけない屋久島の旅。すこぶる楽しかったのでした。


おわり

by sakura-corgi | 2016-04-21 02:34 | SAKURA | Comments(0)


4日目の続きです。


滝めぐりですが、その前に 屋久島に来てからママ魅せられてしまったガジュマル! 島南部の中間集落にも「中間ガジュマル」が無料でみれるというので、立ち寄ってみました。

中間川のほとりに立つアーチ形のガジュマル。島最大級の大きさで、樹齢約300年。1本の木です。枝から垂れ下がった気根が地中に根付き、次第に太い幹となったそうです。

地元の人の誇りなのでしょうね。「こんにちは」と集落のの人に声かけられたおばあちゃん「すごいね~!」って言ったら、「ありがとう!」って返事。


f0075595_01422940.jpg
中間ガジュマルに

f0075595_01440170.jpg
すごいよ これが1本の木だって

f0075595_01444459.jpg
アーチの上部

f0075595_01450448.jpg

f0075595_01452214.jpg
周りは民家


f0075595_01453709.jpg
SAKURAもびっくり

f0075595_01460482.jpg

f0075595_01462026.jpg
左から

f0075595_01464264.jpg
上部

f0075595_01465815.jpg



ここから坂になっていて、江戸時代に作られたという石垣の間を登って行きました。この石垣の向こうは民家。民家の石垣です。


f0075595_01475098.jpg
江戸時代の石垣だそう

f0075595_01481373.jpg
上っていくと神社に

f0075595_01484385.jpg
SAKURAはサラダバー中

f0075595_01490890.jpg
民家の庭の珍しい花


すぐ近くの「屋久島フルーツガーデン」にも行ってみました。

熱帯の果樹や植物を植栽されています。要するに自然ではないのですが。

受付でウエルカムフルーツをいただいていると、ガイドさんがやってきました。簡単な説明付きです。

何でも巨大。珍しい植物も沢山、、、でしたが、名前を覚えられなかったのが残念。メモがいるわ。


f0075595_01493029.jpg
屋久島フルーツガーデンに来た

f0075595_01503230.jpg

f0075595_01504837.jpg
何もかも大きい

f0075595_01511709.jpg
受付でウエルカムフルーツ

f0075595_01514705.jpg

f0075595_01520269.jpg
ガイドさんに案内されて出発

f0075595_01523452.jpg
クコノキ

f0075595_01532284.jpg

f0075595_01534031.jpg
真ん中に実がなってるのだ

f0075595_01541456.jpg

f0075595_01542975.jpg
何だっけ?確かライチの仲間

f0075595_01551255.jpg

f0075595_01552858.jpg
真ん中に 白い極楽鳥が咲いてる

f0075595_01560495.jpg
これは根です

f0075595_01562341.jpg

f0075595_01563919.jpg
葉がとれた跡のニコちゃんマーク?

f0075595_01571998.jpg
島のトクサ

f0075595_01574439.jpg
巨大なんだ

f0075595_01580544.jpg

f0075595_01582573.jpg
ジャボチカバ

f0075595_01590503.jpg
ズームだとこうなんだ

f0075595_01592756.jpg
スタート地点に戻ってきた



さらに南に戻って、「平内海中温泉」を通りかかったので、覗いてみることに。

1日に2度、干潮時に出現する湯船。もちろん混浴、水着着用不可でしたが、外国の女の子はさすがに水着着ていました。潮見表で丁度夕方の干潮でした。

戻ってきた若い女性に聞いたら「勇気がいります。」と。そうよね~。写真はさすがに撮れなかった。



そうこうしているうちに夕方になってしまったのですが、宿の近くの「千尋(せんぴろ)の滝」にも〆に行きました。

ここは鯉之川の上流にある滝で、400mX200mの巨大な花崗岩の一枚岩のくぼみを流れ落ちる滝です。落差は60m。近くに行けないので 滝の迫力は伝わりませんが、花崗岩がダイナミック。

ここでママは疲れがどどっと。4日目の夕方ですからね。


f0075595_02001707.jpg
千尋の滝にたどりついた

f0075595_02005431.jpg
花崗岩の一枚岩

f0075595_02013009.jpg
ズーム

f0075595_02015080.jpg
なかなかダイナミック


帰りに尾之間のスーパーに立ち寄って、BBQの材料をゲット!

夕食は、宿のお庭でBBQしました。肉と爽やかな外気で疲れが吹っ飛んだ。


f0075595_02023092.jpg
BBQ

f0075595_02024600.jpg
肉肉

f0075595_02025926.jpg



屋久島最後の夜、なんとも爽やかに1日が終わりました。



つづく


by sakura-corgi | 2016-04-21 02:03 | SAKURA | Comments(0)


熊本の大震災お見舞い申し上げます。

知り合いは無事でした。

めげずにダイアリー。古くなってしまいましたが、旅の続きから。

(その後の写真が いっぱい溜まっています。桜の写真もアップする前に散ってしまいましたよ。)


旅の4日目もまずまずのお天気でした。日頃の行いがいいんだわ。


朝、あまりにもすがすがしい日差しに、外のベンチで朝食しました。

ママ特製のフレンチトースト。サラダ、フルーツ付です。

その後、宿のカフェからコーヒーを出前してもらいました。


f0075595_00392243.jpg
コテージの庭で

f0075595_00401191.jpg
朝食後のコーヒー

f0075595_00403925.jpg
美味しそう

f0075595_00410096.jpg
いいお天気に

f0075595_00411989.jpg
おもわずアクビが

f0075595_00414968.jpg
いい笑顔よ



島の南部にいくつもある滝をめぐることにしました。

、、、とその前に、おばあちゃんのリクエストで、宿のお知り合いの登り窯を見学することにしました。案内してもらいました。安房の山の中。

SAKURAは放牧して大丈夫だということで、好き勝手に窯やら工房やらお屋敷の周りを歩いていました。看板犬のレトリバーのスプーン君(だったかな?)は大人しいワンちゃん。

自作の2代目だという登り窯と工房、ギャラリーをみせてもらって帰りました。作品も気に入って買って帰りました。ママも作るんだけどな~。


f0075595_00441296.jpg
いや~ん

f0075595_00443636.jpg
やだ~

f0075595_00445962.jpg
庭に屋久の島ビワの実が生ってた

f0075595_00454424.jpg
SAKURAは放牧中

f0075595_00461371.jpg
登り窯

f0075595_00463280.jpg

f0075595_00464851.jpg
中を覗くと 窯詰めの時の座布団

f0075595_00472316.jpg

f0075595_00480213.jpg

f0075595_00482676.jpg
よいしょと登ったら

f0075595_00484744.jpg
窯の煙突が見えた

f0075595_00491832.jpg
ギャラリー見学中

f0075595_00494266.jpg
埴生(はにい)窯

f0075595_00510297.jpg
スプーン君

f0075595_00512584.jpg
ずっと放牧中

f0075595_00521459.jpg
水をもらった 洗面器で飲むのはSAKURAはじめてかも

f0075595_00530748.jpg
そろそろおいとましよう

f0075595_00532029.jpg
談話中



帰りの安房川に掛かる橋の上から、景色を眺めました。この澄んだ川では、夏にはカヌーが出来るらしいです。


f0075595_00534855.jpg
安房川下流

f0075595_00541141.jpg
カヌーが出来る安房川上流

f0075595_00545082.jpg
上流の山々



ここで、案内の宿のご主人と別れて、一つ目の「大川(おおこ)の滝」に行きました。西部林道の南の端です。

島最大級の滝です。落差88m。粘板岩の崖を流れ落ちます。この日は水量少なめだったかな。

ママは、SAKURAとおばあちゃんを残して、果敢にも岩場を登って滝に近づいてみました。小さな滝つぼが見えました。この岩場がまた絶景です。


f0075595_00552502.jpg
大川の滝に来た

f0075595_00555227.jpg
ママはこの後この岩場を登って行ったのだ

f0075595_00564138.jpg

f0075595_00565653.jpg
滝つぼが見えた

f0075595_00571938.jpg
SAKURA待ってるよ

f0075595_00573785.jpg

つづく


by sakura-corgi | 2016-04-21 01:03 | SAKURA | Comments(0)


3日目もお天気に恵まれました。



島を宿のある麦生(むぎお)集落(島の南)から反時計回りに一周してみることにしました。反時計回りだと山側を走るので落っこちないとのこと。県道78号線で一周できます。

島の西側の西部林道はどうも狭いらしい。レンタカー屋の人は「危ないので通らないほうがいい」ということでしたが、半周を行って帰るのもねえ~と、お宿の人に聞いてみました。「運転慣れているひとだったら大丈夫でしょう。」と言われてやっぱり一周することにしました。明るいうちに帰ってこようね。


その朝のお散歩、コテージのお庭をウロウロ。それだけでも気持ちいいです。空気もいいしね。


f0075595_01401962.jpg
宿のお庭を朝散歩

f0075595_01404945.jpg

f0075595_01410191.jpg
すがすがしい~

f0075595_01412095.jpg
宿からの山の眺め

f0075595_01415793.jpg


麦生を出発。島の北側はお店も少なく、2時から5時までは閉まっているということで、途中の安房のお店でお弁当を買って行きました。


まず、島で一番大きい宮之浦の町を散策。島の北東です。お土産やさんを覗いてから、宮之浦港の方へ歩いていたら、世界自然遺産登録記念の碑を見つけました。1993年12月白神山地と同時に日本ではじめて世界自然遺産に登録されました。


f0075595_01421903.jpg
宮之浦 世界遺産登録の碑

さらにドライブ。ここからドンと田舎になります。自然の中を走っていると、集落が時々現れます。

到着日に行った「猿川ガジュマル」がママ気にいってしまった。おばあちゃんに見せてあげたいと「志戸子ガジュマル園」に立ち寄りました。

自生の北限地です。樹齢200~300年の古木もあります。


豆知識です。

「『ガジュマル』とはクワ科の常緑高木で、熱帯アジアに広く分布し、幹からたれた気根は、地について支柱になる独特の木である。昔から沖縄では精霊が宿る神木と言い伝えられ、大切にされてきた。

屋久島では、海岸沿いに多くみられる。

このガジュマルの幹から無数に垂れ下がる「気根」。多雨のため、土中ではなく空中から空気呼吸するためと言われる。成長すると、もとの幹と区別がつかなくなり、しまいには古い幹は枯れ、気根が新しい幹となっていく。このためガジュマルは「歩く木」とも呼ばれている。」(パンフレットより)


f0075595_01431709.jpg
島の北側にある志戸子ガジュマル園へ

f0075595_01440735.jpg

f0075595_01444180.jpg

f0075595_01445421.jpg

f0075595_01451399.jpg

f0075595_01453201.jpg
気根
f0075595_01455736.jpg
いったいどうなっているのか?

f0075595_01461237.jpg
アコウ

f0075595_01473477.jpg

f0075595_01480215.jpg

f0075595_01482042.jpg

f0075595_01483608.jpg

f0075595_01485724.jpg
シダのような植物はシマオオタニワタリ


お弁当を食べようと「一湊灯台」に行くと、ヤク猿がいっぱいいます。目を合わせるといけないらしく、こんなところでお弁当は開けない!と車から下りずにさらに進みました。


先に一湊海水浴場があったので、そこで海を眺めながらお弁当を食べました。すがすがしい気分。「島の南と北では、太平洋と日本海の差がある。」と宿のご主人が言っていましたが、う~ん確かに南国なのに日本海の雰囲気があります。


f0075595_01505462.jpg
一湊海水浴場の砂浜

f0075595_01513961.jpg
食後のお散歩中

f0075595_01520570.jpg
お弁当美味しかった?

f0075595_01522751.jpg


先の展望台から、東シナ海、吉田集落、口永良部島を眺めました。


f0075595_01525582.jpg
吉田集落が見えます

f0075595_01532803.jpg
向こうに口永良部島

東シナ海展望所

f0075595_01550279.jpg
夕日の丘展望所

f0075595_01553727.jpg
このあたりはウミガメ産卵地なので、あちこちに石のウミガメが置いてあります おばあちゃんお気に入り



ウミガメが夏、産卵に上陸するという永田いなか浜(島で最もウミガメ上陸が多い)に立ち寄りました。ここは観光客多かった。きれいな砂浜と景色。SAKURAもお気に入り。


f0075595_01570456.jpg
永田いなか浜

f0075595_01574624.jpg

f0075595_01575963.jpg

f0075595_01581382.jpg

f0075595_02174471.jpg

f0075595_01583116.jpg


さてここから「西部林道」。

永田集落と栗生集落を結ぶ県道78号線です。世界自然遺産登録エリア。ゆっくりと安全運転です。道は舗装されています。夜間は通行止めらしいです。対向車とのすれ違いに気をつかいましたが、素晴らしい自然にサファリパークな気分。ヤクシカ、ヤクザルが道路に出ています。逃げませんので、退いてくれるまで待ちました。ヤクシカは小柄です。奈良のシカと比べたら、歴然とした差がありますねえ。まるで小鹿。おばあちゃんは「角を切ってある」と言っていましたが、後で地元の人に聞くと、角はポトリと落ちるそうです。山に入ると拾えるそうです。見つけるのが大変という事でした。落ち葉と同系色ですものね。ヤクザルは県道で毛づくろいをしていました。ゆっくりと通りすぎました。


f0075595_01585295.jpg
西部林道

f0075595_01591329.jpg
ヤクシカ

f0075595_01594394.jpg
ヤクザルも出現

f0075595_02001026.jpg
目をあわせたらいけません


島を1周して平内海中温泉を覗いてみました。1日に2回干潮時に湯船が出現するそうで、潮見表をみたら、ちょうど夕方の引き潮。遠くから見たのですが、結構大勢入っていました。外人の女性は水着姿。説明書きには水着NGということでしたが、、、。水着なしには無理だわ。もちろん混浴。帰ってきた若い女性に聞いたら「入るのに勇気がいる!」と言っていました。これはママ入れないわ。

夕食の材料を買って、宿に戻ってきました。キッチンが付いているので、滞在中の朝食&夕食はママが作りましたよ。

SAKURAもお疲れのようです。


f0075595_02005626.jpg
夜 あ~疲れた

f0075595_02011733.jpg
撮られた!


つづく


by sakura-corgi | 2016-04-12 02:19 | Comments(0)


屋久島2日目です。

林芙美子が屋久島に滞在して書いた『浮雲』の中に「屋久島ではひと月に35日雨が降る」と書かれているということで、雨具を揃えて持ってきましたが、2日目も時々晴れ間の出る曇りで、お天気上々です。


やはり屋久島に来たからには、、、自然と触れ合いたい!と、おばあちゃんも歩けるかもしれないヤクスギランドに行くことにしました。一番短いこーすは、遊歩道があるとのこと。


その前に、ヤクスギのお勉強をしなきゃ。途中にある「屋久杉自然館」に行きました。


豆知識です。

「屋久島は、九州最高峰1936mの宮之浦岳がそびえ、周囲130km、面積500km²の9割が森林という洋上の山塊である。およそ1550万年前、マグマから生まれた花崗岩の塊が、海底の堆積岩を押し上げて姿を現した。亜熱帯の島であるが、山頂は北海道並みの気候で、日本の自然の縮図を見ることができる。」(パンフレットより)



「屋久島の標高500m以上の山地に自生している樹齢1000年以上の杉のことを『屋久杉』、1000年未満の杉を『小杉』と呼び分けている。栄養を吸収しづらい花崗岩の島に育つ屋久杉は成長が遅く、年輪がとても狭い。そしてほかの土地に比べて屋久島は降雨が多く、湿度が高いため、杉に樹脂分が多く含まれ腐りにくいのが特徴。屋久杉が長生きする秘密がココ。」(ガイドブックより)



f0075595_01421223.jpg
旧天柱橋 ヤクスギランドを流れる荒川の最も上流に架けられていた天柱橋の一部(2代目) 樹齢約1400年

f0075595_01440348.jpg
屋久杉自然館

f0075595_01442468.jpg

f0075595_01443606.jpg
昭和42年に発見された推定樹齢4000年の縄文杉の新聞記事と

f0075595_01453750.jpg
屋久杉(左)と屋久島の地杉(右)

f0075595_02224158.jpg
平木



f0075595_01461684.jpg
山師の服装

f0075595_01465257.jpg
屋久島の地図 

f0075595_01471683.jpg
縄文杉の幹の実物大写真


おおよその知識を得て、ヤクスギランドまで車で登って行きました。ここは標高1000~1300mに広がる自然公園です。

入口でペットNGと言われたので、SAKURAは記念写真とあたりをウロウロしてから車中待機。

「ときめきの径」30分コースは遊歩道があるということなので、おばあちゃん頑張って回ることにしました。

木道の階段も多いですが、屋久杉のその壮大な自然に圧倒されて、歩く気も満々。写真をとりながらゆっくりと歩きました。

半分まで回って疲れたようですが、ここから引き返すのも先に進むのも同じ距離!というので、時々休みながらも回り切りました。その後、屋久杉のお土産やを覗く元気もありましたよ。


f0075595_01480741.jpg
ヤクスギランド この先はSAKURAはNGでした

f0075595_01483729.jpg
くぐり栂

f0075595_01493364.jpg
切株、倒木もダイナミック

f0075595_01494782.jpg
リンゴ椿

f0075595_02015125.jpg

f0075595_02020740.jpg

f0075595_02022355.jpg

f0075595_02023731.jpg
切株更新

f0075595_02030040.jpg
昔の屋久杉伐採 500年も昔から行われているとのこと

f0075595_02062944.jpg

f0075595_02065787.jpg
千年杉

f0075595_02072106.jpg

f0075595_02073780.jpg
千年杉を見上げる

f0075595_02080080.jpg

f0075595_02081416.jpg

f0075595_02082845.jpg
ヤクスギランド案内図

f0075595_02085793.jpg
一番短い「ときめきの径」30分コースを歩いている 只今中間点

f0075595_02101280.jpg

f0075595_02102587.jpg
双子杉

f0075595_02104678.jpg

f0075595_02110108.jpg
くぐり杉

f0075595_02113144.jpg

f0075595_02114684.jpg

f0075595_02115924.jpg

f0075595_02121354.jpg

f0075595_02122880.jpg
荒川の支流

倒木あり、更新あり、合体あり。屋久杉はダイナミックだ。


その先の「紀元杉」へは車で傍まで行けるというので、さらに車で登りました。


推定樹齢3000年、幹回り8.1m、樹高19.5m、樹上にヒノキなどが着生しています。道路沿いにありました。観光客がたくさん。写真を撮ってあげようと声かけられました。木の周りを回る短い遊歩道があって、そこはSAKURAも回りました。標高1230m。


f0075595_02130172.jpg
紀元杉

f0075595_02144352.jpg
紀元杉の周りをまわった

f0075595_02151174.jpg
SAKURAも回った

f0075595_02153550.jpg

f0075595_02155200.jpg

f0075595_02160649.jpg

f0075595_02162425.jpg


よく歩いたので、温泉へ。

近くの尾之間温泉。宿のご主人おすすめの「JRホテル屋久島」の温泉は、ぬるめで肌がすぐにヌルヌル、疲労回復になりました。ホテルを出たら、目の前にモッチョム岳がそびえていました。まさに花崗岩の山です。


尾之間温泉のホテルからの眺め


f0075595_02165417.jpg
モッチョム岳



つづく


by sakura-corgi | 2016-04-10 02:27 | SAKURA | Comments(0)

屋久島への旅 その1


今回の春のお彼岸は、墓参りは失敬して屋久島へ旅に出ました。

以前からのおばあちゃんのリクエストでした。

遠いなあ~と思いながらも行き方を調べたら、大阪伊丹空港からの直行便あり。これだったらSAKURAも行けるわ。

SAKURAは初めて2本飛行機を乗り継ぎました。


あいにく、伊丹空港での乗り換え時間は1時間。なんとかいけるかな~と、前もってSAKURAのペット料金をインターネットで事前支払をすませ、同意書もダウンロードしてサインして準備万端。

無事合流。ところがチェックインカウンターが激混み、頼みこんだのですがダメで順番が来るのを待ってやっとSAKURAのチェックイン。ここでも事前支払いの確認が出来ないとかで時間がどんどん経ってしまいました。「走れますか?」と言われたもののおばあちゃんは走れない。車椅子が出てきました。ママはおばあちゃんを車椅子に乗せて空港内を走るはめになりました。

ちょっと旅の始まりから嫌な予感、、、でした。


無事、プロペラ機で屋久島空港に到着しました。お天気は曇り。まずまずです。


f0075595_00310423.jpg
プロペラ機で

f0075595_00313463.jpg
屋久島空港に到着

f0075595_00320101.jpg
SAKURAも降りてきたかな?

f0075595_00323026.jpg
きたきた

f0075595_00324601.jpg
早く出して~


レンタカーは、後部座席にブルーシートを敷いてもらって、SAKURAはキャリーケースで乗車しました。ここから親切な島の人との交流がはじまりました。


ランチは地元の人の口コミで「かもがわ」へ、名物のトビウオ料理を食べました。注文する前にお店の人に「これよね」と指さされて「はい」と。トビウオの焼き魚とトビウオのすり身のさつま揚げが美味しかった!


f0075595_00335604.jpg
名物のトビウオ料理

何か見てからお宿に。

お宿の手前にある「猿川ガジュマル」に立ち寄ることにしました。が、看板を見落としてお宿に着いてしまいました。

お宿の人にその話をすると、車で案内してくれました。看板は手書きでしたよ。小さいので分かりませんでした。


「猿川ガジュマル」の入口が苔のついた岩と小さな崖で、おばあちゃんは断念。ママとSAKURAが森に入って行きました。

案外すぐそこ。ちょっとだけでしたが、びっくりな自然に浸れてママはリラックスモードに入りましたよ。


f0075595_00354481.jpg
ここは

f0075595_00360512.jpg
いきなりすごいよ

f0075595_00362971.jpg
猿川ガジュマル

f0075595_00364865.jpg

f0075595_00370366.jpg
巨大なクワズイモ!

f0075595_00374149.jpg
おばあちゃんが上で待ってるよ


島での滞在は、屋久島六角堂のコテージ海です。


f0075595_00383218.jpg

f0075595_00384627.jpg
このコテージだよ

f0075595_00382077.jpg
部屋ではSAKURAはケージで過ごします。はい、入ります。

つづく


by sakura-corgi | 2016-04-05 00:45 | SAKURA | Comments(0)